基準

学資保険は0歳から加入をした方が得をする

学資保険に加入をしている人の多くが0歳から加入をしていると言われています。
それは、学資保険は積立式の保険であり、加入をする時期が遅くなるごとに月々に支払う保険料が高くなるため、早めに加入をしようとする親御さんが多いためだと考えられます。
また、学資保険は、10歳前後までに加入をしなければならない商品が多く、早い保険では3歳までに加入をしなければならない商品もあります。

つまり、学資保険の検討をする時期が遅くなるほど、加入をすることのできる保険の選択肢が狭くなってしまうのです。
また、手元に戻ってくる保険金の返戻率も、早めに加入をした方が高くなります。
小学校に入学をしてから学資保険に加入をするよりも、乳幼児の時代に加入をした方が、保険料を安く済ませることができる上に、より多くの保険金を受け取ることができるのです。

また、意外に知られていませんが、学資保険の加入は、親の年齢にも制限があります。
多くの学資保険が親の年齢の上限を50歳に設定しており、50歳を超えると加入することすらできない可能性があるのです。
また、多少ではありますが、月々の保険料も親の年齢によって変動する場合が多く、親が若いうちに加入をした方が保険料を抑えることもできます。

学資保険には、満了時に一度に保険金を受け取ることのできるタイプと、子供の成長に合わせて数回に分けて一時金を受け取ることのできるタイプなどがありますが、一時金の受け取りが早めに設定されている保険の場合、幼稚園入学時から受け取ることのできるタイプがありますから、学資保険の加入が遅くなると、お金が必要な時期に保険金を受け取ることができない可能性もあるのです。
0歳から学資保険に加入をするためには、早い段階で学資保険の検討を始める必要があります。

子どもが生まれてからでも遅くはありませんが、出産後は、日常おこなう家事に加えて、授乳やオムツ替えなどを頻繁におこなう必要があり、落ち着いて検討をすることのできる時間が少なくなります。
また、専門家に詳しい話を聞きたいと思っても、保険会社などに足を運んで話を聞きくことが難しくなりますし、営業に方に家に来てもらっても、赤ちゃんが泣いてしまうと、落ち着いて話しを聞けない場合もあるでしょう。
このような、出産後の状況を想定すると、妊娠中から学資保険の検討を始めて、産後の早い段階で保険に加入をすることができるように準備を進めることが必要だと言えますね。
健康上の問題で学資保険に入れないケースはこちらhttp://www.celtravels.com/03.htmlでご確認ください。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.