基準

学資保険選びは返戻金と支払い金額の割合が重要

学資保険に加入をする一番の目的は、計画的に資金の積み立てをおこなうことで、子供が進学をする時などに必要となる費用をカバーすることにあります。
学資保険は、積み立て式の保険ではありますが、必ずしも、最終的に受け取ることのできる返戻金が払い込んだ金額と同額になるわけではありません。
たとえば、祖父母の世代が子育てをしていた時代は、最終的に受け取ることのできる返戻金が、払い込んだ金額の倍以上になることもあったそうです。

しかし、残念なことに、近年、販売をされている学資保険は、最終的に受け取ることのできる返戻金が、払い込んだ金額よりも極端に上回ることはありません。
しかし、昔と比べて少ない返戻率http://www.couturecult.com/rate.htmlながらも、各保険会社で扱われている学資保険の種類によって、多少の違いはあります。
返戻率が低い学資保険では100%を下回る商品もありますが、返戻率が高い学資保険の場合は、110%を超える商品もあるのです。

また、多くの学資保険は、最終的に受け取ることのできる返戻金の金額を200万円や300万円などのキリの良い金額に設定をしています。
たとえば、返戻金が200万円で返戻率が100%の学資保険に加入をした場合の支払金額は、そのまま、200万円ですが、返戻金が200万円で返戻率が110%の学資保険の場合は、180万円の支払いで済ませることができるのです。
200万円の返戻金で、支払いに20万円の差が出るのですから、高額な返戻金で設定をしている場合には、支払金額にさらに大きな差が出てくることが想像できますね。

また、学資保険は、何回かに分けて一時金としてお金を受け取るよりも、満期に1回で満了金を受け取る方が返戻率が高くなる特徴があります。
さらに、同じ保険プランであっても、支払期限を短縮することによって、返戻率を上げることができますし、保険料の支払いを月単位ではなく、年単位に変更をすることで返戻率を上げることもできるのです。
また、学資保険の中には、返戻率が100%を下回る商品も少なくありませんが、返戻率が100%を下回る商品には、子供の医療保険や育英年金などの保障がプラスされていることが多いため、貯蓄を重要視している場合は、これらの保障が必要であるかを十分に検討した上で保険に加入をするようにしましょう。
学資保険の返戻率ランキングはこちら。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.