基準

中学受験と学資保険の関係

受験と言えば高校や大学と考えている人が多いようですが、中高一貫教育の私立中学校に入学をするために中学受験をおこなう家庭も少なくありません。
また、思春期の子供の教育環境を考えて環境の整った私立中学への入学を考える親御さんも多いのではないでしょうか?
しかし、私立中学校は公立中学校のように書類や面接のみで入学をすることはできません。

私立中学校に入学をするためには入学試験を受けなければならないため、受験の準備が必要となるのです。
中学受験に合格をするためには、独学の勉強をするだけでは難しいため、まず、受験合格を目指して塾に通う必要があります。
中学受験合格を目指した学習塾には、小学4年生から通い始めることが多く、1ヶ月の月謝は、小学4年生で約25,000円〜35,000円、小学5年生で約30,000円〜40,000円、小学6年生で約45,000円〜60,000円になり、3年間通うと約1200,000〜1620,000円ものお金が必要になります。

これらの授業料に加えて、夏期講習や特別講習の費用、教材費などを加えると、軽く2000,000円を超えますし、他にも、年に6回程度ある模擬試験代が1回あたり約3,000円〜5,000円かかる上に、3〜2万円程度の入学金もかかってくるのです。
このように、私立中学校に入学をするための受験準備には多くのお金が必要になります。
入学後の教育費用はもちろんのことですが、入学をする前に多くのお金を準備する必要があるのです。

学資保険の中には、一時金を受け取る時期を、3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳などと細かく設定をしている保険もあり、一時金を受け取る時期を据え置いた場合に、好きな時期に受け取ることのできる保険もあります。
中学受験をおこなう場合は、12歳になる前に、塾や模擬試験代などにお金がかかりますので、3歳や6歳に受け取ることのできる一時金を据え置いて、必要な時期に受け取るという方法もあります。
それでも、お金に不安を感じている場合には、公立の中高一貫校に入学をするという選択肢もあります。

公立の中高一貫校の場合は、入学試験がありませんし、学費も大分安く済ませることができます。
ただ、地域によっては、近くに公立の中高一貫校がない場合もありますし、倍率も高いため簡単に入学はできるわけではありません。
学資保険に何歳から加入すればいいかはこちらhttp://qpd.jp/s9.htmlを参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.