基準

主婦が選ぶ学資保険とはどんな保険?

女性の社会進出が進んでいる現代では、結婚後も共働きをしている夫婦が少なくありません。
しかし、そんなキャリアウーマンの奥さんでも、出産をきっかけに育児休業を取ったり、退社をしてしばらく育児に専念をする人が多いでしょう。
仕事をしない間は、どうしても子供と関わる時間が多くなり、自然と子供の教育について考える時間も増えるため、必然的に、学資保険の加入を考え出すのは奥さんからが多いと聞きます。

わざわざ、学資保険に加入をしなくても、家計をやりくりして、余裕が出た金額を毎月、子供の教育費のために積み立てていけば良いと考える人もいますが、それは、堅実で本当にやりくり上手な主婦がおこなうことです。
普通に生活をしていると、予定外の出費が出ることもありますから、ついつい、積み立てる予定だったお金を使用してしまい、毎月、決まった金額を貯金することが難しくなるケースが多いのです。
そう考えると、半ば強制的に一定の金額を積み立てることのできる学資保険に加入をすることは、教育資金を積み立てるうえで確実な方法だと言えます。

では、主婦が選ぶ学資保険とは、どのような学資保険なのでしょうか?
家計を切り盛りしている主婦にとって、月々の保険料の支払いは、子供のためであってもとても大きな出費であるため、どうせ積み立てるのなら、返戻率の高い学資保険を選びたいと考える主婦が多いようです。
アフラックの“夢みるこどもの学資保険”には、返戻率が110%を超えるプランもあるため、多くの主婦に選ばれています。

また、養育費が比較的かからない15歳までに払い込みを済ませて、高校や大学入試に備えることのできる太陽生命の“わくわくポッケ”や、2人目以降の保険料が安くなる兄弟割引のついたフコク生命の“みらいのつばさ”なども多くの主婦に支持されている保険です。
このように、主婦は、家計のために少しでもお得感の多い学資保険を選ぶ傾向にあります。
また、学資保険を契約した当時は大学受験を想定してプランを組んでいたのに、私立中学を受験することになったりと、当初の将来設計から変更があることもあります。
そのような時は、契約者貸付制度を利用して、契約をしている保険会社や郵便局から貸付をおこなって、家計のやりくりをおこなう主婦も多いようです。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.