基準

孫のための学資保険選びは慎重におこないましょう

今の若い夫婦の親が子育てをしていた時代は、ちょうど少子化時代に突入をしたと言われ始めたころです。
そのため、一人の子供に多くの愛情を注いで子育てをしてきた親が多く、子供が大人になっても子供や孫のために、できるだけのことはしてあげたいと考えている祖父母は少なくないようです。
また、祖父母が子育てをしていた時代は、学資保険の返戻率がとても高かったため、学資保険の加入を重要視している祖父母も少なくありません。

また、経済的に余裕のない、若い親世代にとっては、学資保険の保険料を月々支払っていくことが難しい場合もあります。
そこで、最近では親に変わって、祖父母が学資保険の加入を検討するケースが増えてきています。
若い親世代にとっては、とてもありがたいことですが、祖父母が学資保険に加入をするためには、注意をしなければならない点がいくつかあります。

まず、ひとつが加入年齢の制限です。
学資保険の多くが加入年齢の制限を50〜60歳に定めています。
50〜60歳と言えば、ちょうど祖父母の年代にあたります。

学資保険には、保険料払込免除特則がついており、保険契約者が死亡をした場合に、その後の保険料が免除されて、一時金や満了金の受取りを予定通りおこなえるようになっています。
しかし、祖父母のように高齢の場合は、若い世代よりも死亡をする確率が高いため、加入年齢に制限を設ける必要があるのです。
最近では、60歳を超えても孫のために加入をすることのできる学資保険も出てきていますが、祖父母が対象となっている学資保険には保険料払込免除特則をつけることができないケースがほとんどです。

ただ、両親が死亡をしていて親権が祖父母にある場合は、保険料払込免除特則をつけることのできる保険もありますので、保険の担当者やファイナンシャルプランナーの方に、一度、相談をしてみると良いでしょう。
また、祖父母が加入をすることのできる学資保険は、月々の支払いが高額な上に支払い期間が短くなることも多いため、親が保険契約者となって、祖父母が保険料を援助するかたちで贈与をするケースも増えています。
この場合、贈与税を気にされる人もいますが、年間110万円までであれば贈与税はかかりませんので、学資保険の支払い程度でしたら、心配をする必要はありません。
ただ、万が一、学資保険の契約者である親が離婚をした場合に、祖父母が支払った学資保険の保険金が孫の手に渡らないというトラブルも起きています。

たとえば、夫が保険契約者となり、妻の両親が保険料を支払っていた場合、積み立てた保険金は保険契約者である夫の手に渡ることになります。
夫が受取った保険金を子供に渡さないと言えば、それまでになってしまうのです。
このようなトラブルを防ぐためには、祖父母が保険契約者となり、夫が被保険者となって、低解約終身保険に加入をすることをお勧めします。
そうすると、夫が亡くなれば保険金を受け取ることができますし、進学などでお金が必要な時は、解約をすることで、積み立てた保険料よりも高い返戻金を受け取ることができるのです。
人気の学資保険ランキングはこちらhttp://j-hewitt.org/nin.html

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.