基準

学資保険は3歳までに加入するべき

今では、子供ができるとほとんどの人が学資保険の加入を考える時代です。
小さな子供を連れていると行く先々で学資保険の加入を勧められますから、子供のいる方でしたら一度は必ず学資保険という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
当然、学資保険の必要性を感じている親御さんは少なくないと思いますが、出産をしてすぐはバタバタとして忙しい上に、子供用品やオムツにミルクなど、子供が生まれる前にはかからなかった費用が多く発生してくるため、学資保険の必要性を感じていても、検討をすることを後回しにしている人は少なくないかもしれません。

学資保険は積立式の保険のため、加入する時期が遅くなるほど、月々に支払う保険料が高くなっていきます。
例えば、18歳満期で満了時や一時金として支払われる総額の保険金が200万円の学資保険があるとします。
この保険に0歳から加入をした場合は、月々の保険料は8000円程度ですが、7歳からの加入をすると月々の保険料は14000円以上になります。

数千円の違いではありますが、毎月の出費と考えると結構大きな違いですよね。
しかし、先ほどもお話をしたように、出産後はバタバタとしていますし、子育てをしていると一年なんてあっと言う間に過ぎて行くため、0歳の間に学資保険に加入することができない場合も多いですよね。
そのような場合は、最低でも3歳くらいまでに学資保険に加入することをお勧めします。

3歳と言えば、ちょうど幼稚園に入園する時期ですね。
家の中のみで子育てをしていた頃と比べて、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と、子供の成長に伴って、子供にかかる費用はますますと大きくなっていきます。
学資保険は、加入が遅れるほど保険料が上がりますが、先ほどと同じ条件で3歳から学資保険に加入をした場合の月々の保険料は10000円程度ですから、まだそれ程の上げ幅ではありませんよね。

また、3歳になったことをきっかけにパートなどの仕事を始めるお母さんもいるかもしれません。
子供が大人になるまでに必要となる教育費用は1000万円を超えると言われています。
学校で使用する費用は必ず必要となるものですが、いざ必要な時にお金を準備することができないと、子供に辛い思いをさせてしまうかもしません。

出産後すぐに学資保険に加入することができなかった人もまだ遅くはありません。
学資保険について再度検討をして、幼稚園入園を機会に早めに加入をすることをお勧めします。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.