基準

学資保険を見直しはいつ行う?

最近では、保険会社によってさまざまなタイプの学資保険が販売されています。
新しいタイプの学資保険について耳にすると、保険の見直しを考える人もいるかもしれませんが、すでに学資保険に加入をしている人が、見直しをおこなって、他の学資保険に加入をすることはあまりお勧めはできません。
学資保険の保険期間は20年前後と、とても長く、基本的には、契約で定められた保険期間を満了しないと、保険金を全額受け取ることはできません。
また、ある程度の期間を過ぎないで保険の解約をおこなうと、今まで払い込んだ保険料の総額よりも返戻金が下回る場合が多いのです。

このように、加入をしている学資保険の満期を迎える前に解約をおこなうと、損をする場合が多いため、学資保険を入り直すことはあまりお勧めできないのです。
ただ、マイホームの購入や転職など、収入や支出に変化が起こる場合には、学資保険の見直しを検討する必要があります。
特に、保険料の支払いが負担に感じるようになった場合には、見直しが必要でしょう。

では、学資保険を見直す場合にはどのような点に注意をすれば良いのでしょうか?
学資保険に加入をする一番の目的は、強制的にお金を積み立てて、積み立てた保険金を使用して子供の教育費を補うことにあります。
学資保険は、契約者である親が死亡をしたり、万が一のことがおこった場合には、その後の保険料が免除されますし、一時金や満了金を予定通りに受け取ることができます。
また、育英年金がプラスされている学資保険の場合には、毎年、決まった金額の保険金を受け取ることができますし、子供の医療保険がプラスされている保険もあるなど、学資保険には、万が一に備えた保障がついていることも大きな特徴です。
しかし、学資保険の見直しをする際には、その万が一の保障が必要であるかどうかを再度検討する必要があります。

たとえば、親が生命保険に加入をしていて、遺族年金の受け取りが、ある程度見込まれる家庭は、契約者である親が万が一死亡をした場合に、加入をしている生命保険や遺族年金からお金が支払われるため、学資保険についている親の死亡に対する保障は必要ない可能性があります。
また、子供の医療保険がプラスされている学資保険の場合、学資のみの保険と比べて月々の支払いが高くなる上に掛け捨てとなるため、子供の医療保険は、比較的安い保険料で済ませることができる共済の保険に加入をした方が現実的な場合もあります。
このように、学資保険の見直しをおこなう際には、現在加入をしている保険内容と学資保険の内容に重複した点がないかをチェックして、貯蓄額や月々の支出などを計算しながらおこなう必要があるのです。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.