基準

学資保険で効率的に積み立てる方法

今では、各保険会社でさまざまな学資保険が販売をされているため、どの学資保険を選んだら良いのかわからなくなっている人も多いと思います。
そんな時は学資保険に加入をする目的を考えてみましょう。
学資保険に加入をする一番の目的は、お金を積み立てて、子供の教育資金に充てることだということを忘れてはいけません。

学資保険には、貯蓄重視型と保障重視型の2つのタイプがあります。
保障重視型には、教育費用の積み立て以外に、子供の医療保障や死亡保障、育英年金などのプラスの保障がついていることが特徴で、貯蓄重視型の場合は、積み立てを重視しているため返戻率が高く、保障重視型にプラスされているような保障がついていことが特徴です。

また、保障重視型の学資保険の場合、保険料の中にプラスされた保障内容の代金が含まれているため、100%以上の返戻率がある保険がありません。
小さな子供は、病気にかかるリスクが高いため、医療保障などを充実させたいと考える親御さんも少なくありませんが、保障がついている分、払い込んだ金額からみて、手元に戻る返戻金の割合が少なくなるのです。
貯蓄重視型の保険で、返戻率の高い学資保険http://www.waybetterunitedway.org/takai.htmlとして知られているのが、日本生命の“ニッセイ学資保険”や、フコク生命の“みらいのつばさ”などです。

ニッセイ学資保険は約114%、みらいのつばさは約111%の高い返戻率が期待できます。
返戻率の高い保険の場合は、払い込んだ金額と返戻金との差額が20万円近くなることも少なくないのです。
また、貯蓄重視型のプランの場合、保険料の支払いを月払いではなく、年払いにすることで返戻率を上げることができますし、支払い期間を短くすることによって、返戻率を上げることもできるのです。
加入をする家庭によっては、保障重視型の学資保険も有効ですが、教育資金を積み立てることを一番に考えるようでしたら、返戻率の高い保障重視型の保険に加入をして、お金に余裕がある時には、保険料を前倒しで支払うなどの工夫をすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.