基準

後悔をしないように学資保険を選ぶ方法

子供ができると同時に、学資保険の加入を検討する人は少なくありません。
しかし、昔と比べて、現代では、各保険会社でさまざまな種類の学資保険が販売されており、その中から、自分の家庭に合った学資保険を選ぶことはとても困難です。
学資保険を検討する方法として、インターネットの口コミサイトを参考にする方法や、保険会社に直接相談をする方法などがありますが、口コミサイトの中で評価が高い保険が必ずしも、その家庭に合った保険だとは限りませんし、何も知識がない状態で保険会社に相談に行くと、担当営業の人に進められるままに契約をしてしまう可能性があります。

これらの方法で学資保険を検討することは間違いではありませんが、自分の家庭に合った学資保険に加入をするためには、ある程度の知識をつけてから検討をおこなわないと、後々後悔をする可能性があるのです。
家庭のライフスタイルに合った学資保険を選ぶためには、さまざまなことを考えて選ばなければなりません。
まず、第一に考えなければならないことは、保険料の支払いが負担にならないかどうかです。

子供の将来を考えて、真っ先に学資保険に加入をする人もいますが、それが、家計の負担になってしまうと、結局、満期を迎える前に解約をしなければならなくなります。
現在の貯蓄金額と、月々の収支の割合なども考えて保険を選ぶことが大切です。
学資保険に入る場合と自分で貯金する場合でどちらがお得かはこちらを参考にしてください。
また、加入をしている保険内容を確認することも重要になります。

もし、検討をしている学資保険と重複をした保障内容がある場合は、学資保険の中にその保障を組込む必要がなくなるからです。
また、遺族年金の受取り金額がどの程度になるかも調べておく必要があります。
遺族年金の受取り金額によっては、学資保険についている保障が必要なくなるため、場合によっては、学資保険とは別の方法を選んだ方が、効率的に教育資金を貯めることができる可能性もあるのです。

しかし、これまでお話をした内容を自分で調べることは、根気のいる作業になりますし、思っている以上に大変なものです。
そんな時に頼りになるのが、ファイナンシャルプランナーです。
特に保険会社に属していない独立型のファイナンシャルプランナーに相談をすることがお勧めです。

保険会社に属していないため、中立な立場からアドバイスを受けることができますし、先ほどお話をした内容も、保険証券を用意して聞き取りをおこなうだけで、ある程度調べてもらうことができます。
ただ、ファイナンシャルプランナーに相談をおこなう場合も、任せっきりになってしまってはいけません。
子供の将来設計を考えた上で相談をおこない、相談をした内容は、忘れないように必ずメモをとるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.