基準

キッズ保険とはどんな保険?

子供のために加入をする保険には、学資保険の他にも、子供保険やキッズ保険などの名前がついた保険がありますが、それぞれの保険にどのような違いがあって、どの保険に加入をしたらよいのか正直迷いませんか?
まず、子供保険とは、学資保険の別名であるため、保険内容も学資保険と大きな違いはありません。
キッズ保険とは、“キッズ”と名のつく保険を総称して呼んでおり、さまざまな保険会社から販売をされています。

キッズ保険にも、学資保険と同じように貯蓄重視型と保障重視型に近いプランがありますが、学資保険との大きな違いは、貯蓄重視型にも子供の医療保障や死亡保障などがついていることと、保障重視型の保険には、積立がついていないことが多いと言うことです。
保障重視型のキッズ保険には、長期入院保障や死亡保障以外にも、万が一、子供が他人の持ち物を壊してしまった場合に、賠償金を100万円まで補償してくれたり、骨折や脱臼、日帰り入院など、子供に起こりやすい比較的小さな怪我でも保障をしてくれる保険などがあります。
貯蓄重視型のキッズ保険の場合は、取り扱う保険会社によって、さまざまな特色があり、一生涯積立をおこなうことができて、さらに、3年以降いつでも引き出すことのできる保険もあります。

ただ、学資保険のように保険契約者である親が死亡をした場合に、保険料の免除があったり、返戻金の支払いが通常通りおこなわれるなどの保障はついていない場合が多いので注意が必要です。
共済の保障重視型であるキッズワイドタイプの場合、月々の支払いは1,600円で、キッズタイプの場合は900円と、比較的手頃な支払金額ですが、医療保障や死亡保障などの基本的な保障はついています。
貯蓄に重点を置いているけれど、保障もある程度必要と考える家庭は、返戻率の高い貯蓄重視型の学資保険と共済の保障重視型の保険を組み合わせて加入をする方法もあります。

学資保険が積立に重点を置いている保険http://www.barcodegeneratorfree.com/naze.htmlだとすると、キッズ保険は、子供の医療保障に重点を置いている場合が多く、扱う保険会社によってさまざまな特色があります。
キッズ保険は、子供の将来設計とライフスタイルに合わせて、いくつかの保険を組み合わせて加入をしてみるのと良いかもしれません。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.