基準

学資保険の保険契約者は夫で良いの?

保険契約は、保険料の支払いをおこなう “保険契約者” と、保険対象者である “被保険者”を定めてから契約をおこなう必要があります。
保険契約者と被保険者は同一人物であっても構いませんが、学資保険の場合は、保険の対象者である子供には、保険料を支払う力がないため、必然的に保険契約者は父親か母親のどちらかになります。
保険契約者となった人が月々の保険料を支払うことになりますから、家計をささえる大黒柱となる夫が保険契約者になるのが一般的ですが、最近では共働きの家庭も多く、妻の方が夫よりも収入が多い場合も少なくありませんから、そのような家庭は、妻が保険契約者となるケースもあります。

また、学資保険は万が一契約者である親が死亡をした場合には、その後の保険料の支払いが免除され、一時金や満了金も予定通り受け取ることができるようになっています。
さらに、育英年金がプラスされた学資保険の場合は、保険料の免除や一時金、満了金の受取りに加えて、養育費として、毎年、決まった額のお金を受け取ることができます。
所得が少ない人が保険契約者となって、万が一、家計をささえる大黒柱となる人が死亡をした場合には、先ほどお話をした、その後の保険料の免除はありませんので、少ない所得の中から保険料を払い続けなければならなくなるのです。

また、学資保険の保険契約者を決める時に、頭に置いておかなければならないことがひとつあります。
それは、万が一離婚をした場合のことです。
子供の保険を考えている時に、離婚についてなんて考えられない…という人もいると思いますが、離婚をした場合に、学資保険の保険契約者の名義が原因となってもめるケースも少なくないのです。

保険契約者は、保険契約の変更や解除をする権利を持っています。
また、保険金の受取りも保険契約者になっているケースがほとんどです。
学資保険は、保険契約者を夫にして契約をする家庭が多いのですが、離婚をした場合に、子供の親権を持つのは妻になることが多いので、夫を保険契約者にした場合には、子供のために受け取ることができるはずの保険金が、離婚をした夫の手に渡る可能性があるのです。

また、妻や子供が保険の内容を変更したり解約をしたいと考えても、これらは保険契約者である夫しかおこなうことができません。
子供のための保険を考える時に離婚について考えたくない気持ちもわかりますが、もしものことを考えて、話し合いながら保険契約者を決めるようにすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.