基準

外資系保険会社の学資保険って大丈夫なの?

日本人の中には、国産のものは高品質で安全であり、外国産のものは詳細がわからないため不安だと感じている人も少なくありません。
それは、保険会社についても例外ではなく、外資系の保険会社だとわかった時点で、その会社の保険に加入をすることを躊躇する人もいるのではないでしょうか?
しかし、近年では多くの保険会社が日本に参入をしており、さまざまな外資系保険会社http://www.babyfinder.org/kaiga.htmlで学資保険が販売をされています。

知らず知らずのうちに多くの人が外資系保険会社に加入をしているのです。
外資系保険会社への加入を躊躇する一番の理由は、万が一、保険会社が破綻をした場合に、保障を受けられないかもしれないという不安があるからですよね。
しかし、国内だけで活動をしている日本の保険会社と比べて、外資系保険会社は、世界各国に進出をして活動をしているため、保険会社の規模も大きく、そう簡単に破綻をすることはありません。
また、日本で活動をしている全ての保険会社が、生命保険契約者保護機構に加入をしているため、万が一、保険会社が破綻をした場合には、契約者が保護される仕組みになっています。

生命保険契約者保護機構の援助によって、破綻をした保険会社の業務は、新しい保険会社に引き継がれるため、契約は継続されますし、もしも、業務を引き継ぐ保険会社が現れなかった場合には、責任準備金の90%を受け取ることができます。
これは、解約返戻金と近い金額になります。
生命保険契約者保護機構には、日本の保険会社に限らず、外資系保険会社も加入をしなければいけないため、日本の保険だから守られていて、外資系保険会社だから守られないと言ったことはないのです。

また、バブルが崩壊をした時代に、たくさんの日本の保険会社が破綻をした事がありましたが、破綻をした日本の保険会社を救済したのが、実は外資系の保険会社だったのです。
保険会社が破綻をする可能性は、日本の保険会社であっても、外資系の保険会社であっても変わりません。
保険会社を選ぶ時は、国内なのか外資なのかを基準とするのではなく、保険会社の格付けなどをチェックすることで、財務力や保険会社の特長を知って、自分に合った保険会社を見つけるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.