基準

大学受験と学資保険の関係

学資保険のプランを考える際に、多くの家庭は大学に入学をすることを想定して返戻金の受け取り時期を設定するのではないでしょうか?
実際、そのような要望に答えて、多くの学資保険で、大学入学時の18歳を満期として設定のできるプランが用意されています。
確かに、大学に入学をすると、多額の入学金と授業料が必要となります。

国公立大学の場合は、入学金と授業料を合わせて約550万円、私立大学の文系の場合は、約690万円、私立大学の理系の場合は、約820万円もの費用がかかります。
しかし、その前に、大学に入学をするためには入学試験に合格をする必要があり、合格をするためには受験勉強をおこなう必要があります。
実際に3人に1人の高校生が塾や予備校に通って勉強をしていると言われているのです。

予備校の受講料は、各学校のカリキュラムや制度によって異なりますが、年間で約40万円〜100万円ほどかかります。
また、それ以外にもセンター試験をいくつか受けた場合には、さらに、10万円近くの費用がかかることになるのです。
また、大学入学までに必要な費用はそればかりではなく、出願費用、受験料、入学納付金、入学手続き費用、入学式出席費用、教材などの費用がかかる上に、親元を離れて大学に通う場合は、新居への引越費用や入居するための諸費用、新生活に向けての生活用品の購入費などがかかり、これらを合わせると、約150万円ほどの費用が必要になります。

つまり、大学に入学をするために必要な費用を用意するためには、学資保険の返戻金を受け取る時期を18歳にしておくと遅い場合があるのです。
このようなことを想定して、最近では17歳満期で返戻金を受け取ることのできる学資保険も増えてきています。
また、大学入学後の費用も考えて、17歳満期の学資保険と18歳や22歳満期の学資保険とを組み合わせて加入する方法をとる家庭も増えているようです。

いずれにしても、大学に入学をするためには、このように多くの費用が必要となります。
お金が用意できずに子供を大学に通わすことができないということのないように、先を見据えて計画的に学資保険に加入をすることをお勧めします。
学資保険を選ぶときのポイントはこちらhttp://www.vinhobrasil.org/gakus.html

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.