基準

お受験と学資保険の関係

一時期よく耳にしていた“お受験”という言葉。
最近では耳にする機会が少なくなってきましたよね?確かに、お受験ブームが騒がれていた時代と比べると、不況の影響もあってなのか、お受験をする子供達は減っているように感じますが、それでも、根強く子供達を国立や私立の学校へ通わせたいと願う親御さんはたくさんいます。
そもそも、お受験とはどのようなことを言うのかというと、幼稚園、小学校、中学校などで一貫教育をおこなう名門校に、早い段階で入学をさせるためにおこなう受験勉強のことを言います。

そのまま、中学校、高校、大学と受験をせずに上がることのできる幼稚園や小学校もあるため、子供のためにも早い段階で入学をさせて、その後の受験の苦労をさせずに済ませたいと考えている親御さんも多いようです。
このような一貫教育をおこなう学校は、公立の学校に比べて、設備が整っていますし、さまざまな特色のある学校も多いため、とても魅力的なのですが、公立と比べて教育費が膨大にかかってくるという難点もあります。
まず、幼稚園から私立の学校に通わせた場合、1年間の学費は約53万円、3年間で160万円以上もかかります。

公立の幼稚園に通わせた場合は、3年間で約75万円ですから、倍以上の学費がかかることになります。
また、小学校、中学校は義務教育のため、公立の学校に入学をすると授業料はかかりませんが、私立の学校に入学をすると、小学校の場合、6年間で約230万円、中学校の場合、3年間で約120万円の授業料がかかることになります。
その他に、給食などの諸費用や学習塾、習い事などの費用を加えると、小学校で820万円、中学校で380万円もの教育費用がかかってくるのです。

お金持ちの家庭でしたら別ですが、これでは、一般家庭の子供達を私立の学校へ入学をさせることは難しくなりますよね。
学資保険で全ての教育費用をまかなうことはできませんが、お子様が生まれてすぐなど、早い段階で学資保険に加入をすることで、多少の費用をカバーすることは可能です。
また、お子様を私立の学校に通わせたいと考えている人は、大学入学時期に一括で満了金を受け取ることのできる学資保険を選ぶよりも、幼稚園、小学校、中学校など、何度かに分けて一時金を受け取ることのできる学資保険に加入をすることを勧めします。

↓クレジットカードなら月々の支払いでポイントが貯まる
  

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に All Rights Reserved.